やすらぎの刻~道 あらすじ 247話

スポンサードリンク
やすらぎの刻~道 あらすじ 247話

倉本聰先生が、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた夫婦の生涯を1年かけて描いて来た「やすらぎの刻~道」

最終回まで1か月を切りました。

今週からいよいよ最終週に入りました。

3月26日(木)放送の第247話目のあらすじが、公開されました。

第241話からは、平成編から令和編となり公平も95歳となりました。

やすらぎの刻~道 あらすじ 247話は、下記の内容となります。

ついにシナリオ「道」を書き上げた菊村栄(石坂浩二)は翌朝、スタッフに手伝ってもらい、原稿のコピーを開始。

二度と紛失しないよう、コピーしたものを事務所の金庫に保管してもらう。

達成感に包まれた栄はそれから3日後、高校の同窓会に出席するため東京に出るが・・・。

以上が、やすらぎの刻~道 あらすじ 247話の紹介でした。

テレビ朝日系にて 毎週月曜~金曜 12:30~12:50 です。

まだまだ、令和編も一波乱も二波乱もありそうですね・・・

最終回まで楽しみましょう。
スポンサードリンク

この記事へのコメント